今市事務所
栃木県日光市平ケ崎200番地1
TEL:0288-30-1171
FAX:0288-30-1172

日光事務所
栃木県日光市宝殿66番地1
TEL:0288-50-1171
FAX:0288-50-1172

鬼怒川事務所
栃木県日光市鬼怒川温泉大原1406番地1
TEL:0288-70-1171
FAX:0288-70-1172


新メンバーも随時募集しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問合せフォーム

平成21年度の活動

平成21年度事業方針

 

自 平成21年4月1日

至 平成22年3月31日

 

日光商工会議所青年部

会長 長谷川 敬

 

世界全体を覆い続ける、金融不況と経済不況の波。経済指数の予測が出るたびに下方修正が続く、正に厳しい“冬の時代”から抜け出す糸口は、いまだ見出すことができません。日本国内に目を転じても、裾野の広い製造業関連も在庫調整・受注の激減で正社員の雇用確保すら危ういのが現状です。日光市においても例外ではないでしょう。基幹産業と言われる「観光」はどうでしょう? 人と物が交流する場としての「市街地」はどうでしょう?

 

現実的な危機感を強く抱かざるを得ません。

 

日光市は旧2市2町1村が合併し3年を経過いたしました。様々な変化・影響があったことと思われますが、こと地域経済に関してはいかがだったでしょう。まだ「合併効果」を実感できる経済人の方が少数ではないでしょうか。日光商工会議所青年部(日光YEG)はその間に、大勝歴代会長、落合前会長をはじめとする日光YEGメンバー全員で、事業を通しながら着実に一体化してきた、と実感できます。こんな時代だからこそ、こんな不況だからこそ、“日光YEGの一体感”を形にするべき、その時が到来したように感じられます。

 

まず私たちが取り組まねばならぬことの第一に、「磨く」ことです。個々の企業の経営力を磨き上げ、商品やサービスの開発にチャレンジしていきましょう。エリアとしての地域経済連携力を磨きあげ、日光経済に潤いが実感できるよう実践していきましょう。

 

第二に、「行動」することです。日光YEGらしく、しかも個企業では成し得ないアクションを、一緒におこしていきましょう。

 

第三に、「情報発信」し続けることです。景気や社会情勢などの外的要因により、思わぬ影響を受けるのも経済の常識ですが、メディア等の情報発信で想定外のプラス効果があることも現実です。

 

これらを実践した上で、日光商工会議所とのタテの連携を更に強化すると共に、栃木県商工会議所青年部連合会や日本商工会議所青年部等とのヨコの連携も積極的に行っていきたいと思います。

 

日光市は、本当に特色のある地域が一緒になった、自然と歴史・伝統・文化を大切にする都市です。日光市の経済活性・発展のために、会員同士の更なる交流、積極的な事業展開をしていきましょう。今こそ、日光YEG。

 

平成21年度 日光YEGスローガン

 

“今こそ結集!日光YEG! すべては日光経済活性のために”

 

重点事業

・日光商工会議所との連携強化

・経営・経済に関する研修事業

・日光市経済活性化に関する事業

・会員間の交流と会員の拡充

・栃木県商工会議所青年部連合会・日本YEGとの連携

平成21年度広報委員会事業計画

 

自 平成21年4月 1日

至 平成22年3月31日


委員長 奥村祐一

・ 対内版の発行 (年1回)

・ 対外版の発行 (年1回)

日光文化委員会

平成21年度 研修研究委員会事業計画書

 

委員長  山本 敏

 

研修研究員会では、100年に1度と言われる大不況。空前絶後の景気の大収縮。スパイラル的なデフレなどと言われている現在の経済状況から、どうすれば自社、メンバーが生き残り、地域が活性化されるかを研修研究し、そして実践して行きたいと思います。

 

この不況の中でも過去最高益を更新している企業が存在しています。その好業績を上げている企業の「儲かる仕組み」とは何か・・・。ビジネスモデルやマーケティングを分解・分析し、いち早く自社に実践できるようになりたいと思います。

 

*情報化社会でのWEBを活用してのマーケティング戦略を自ら立案できる能力を身につける。

*会議所発行の「THE DATA」(統計で見る日光の経済)を活用した実践勉強会。

 

恒例である先進地視察研修では、東京周辺の駅ナカ、エチカ、エキュートなどの商業施設を視察研修し、魅力のある商店街、門前町の魅力の理由を体感・検証するとともに、現在総発行枚数が約1億枚と言われる電子マネーの利用状況、利便性を実際に体験しようと考えています。

 

また、「観光立国 日本」、「観光立県 とちぎ」であることを内外に発信し、世界遺産「日光の社寺」を有する日光の観光資源に誇りを持ち、二泊三日以上の滞在型観光を目指す「日光観光圏」であることも積極的にアピールして行きたいと思います。

 

他団体、各委員会と連携し交流を図りながら、地域に対してのメリットを作り出し、活動内容が充実するとともに地域活性化、向上を目指す仲間を増員し、更に事業内容を充実、拡大していきたいと考えています。

実施時期

 

平成21年5月  委員会(今後の事業について)

平成21年6月  委員会(WEBマーケティング戦略について)

平成21年7月  委員会(THE DATA勉強会)

平成21年8月  委員会(先進地視察研修について)

平成21年9月  先進地視察研修

平成21年10月 委員会(意見交換会)

平成21年12月 委員会(忘年会)

平成22年2月  委員会

平成22年3月  委員会(事業報告・事業計画作成)

日光商工会議所|日光商工会議所青年部
今市事務所 栃木県日光市平ケ崎200番地1 TEL:0288-30-1171 FAX:0288-30-1172
日光事務所 栃木県日光市宝殿66番地1 TEL:0288-50-1171 FAX:0288-50-1172
鬼怒川事務所 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1406番地1 TEL:0288-70-1171 FAX:0288-70-1172
Copyright©日光商工会議所青年部(Nikko YEG)2015-2016 All Rights Reserved.